HOME >教育コラム >受験について >高校受験 より良い志望高校の選び方

高校受験 より良い志望高校の選び方

受験について

高校受験で志望校を選ぶときに、その志望校は
自身にとって「憧れの高校だから行きたい」だからなのか、
「学力的に入れる可能性の高い高校」だから
なのかによって大きく意識が変わります。
今回は高校の志望校選びで重要となる
ポイントについてお話します。

「自分に合った高校」が「良い高校」である。

志望校を決める時の基準として、偏差値による難易度や、大学合格実績等があります。
確かに、偏差値が高いことで有名な進学校は「良い」イメージがあります。

ですが、それはすべての人に該当するというわけではありません。
無理して難関校に合格したとしても、そこの授業についていけなくなれば意味がなくなってしまうのです。
難関校に『入るためだけ』に勉強するのではなく、この高校で『勉強がしたい』という意識を持ちましょう。

自分に合う志望校の選び方

受験情報誌からではわからない校風などもあるので体験入学や学校説明会には多く参加しましょう。
これらに参加すれば受験に有利になるということではありませんが
目で確認することができ、志望している高校に足を運ぶことで受験への意識が高まるでしょう。


また、志望校に「入りたい部活動があるか」「その部活動にどれだけ力をいれているか」
というのもポイントのひとつです。

志望校の難易度

公立高校の中でも名門校と呼ばれる高校の多くが今でもその地位を守っていますが
最近は少子化や有名私立高校が増えるなどして、以前よりも難易度や競争率が
下がってきているということもあります。
逆に、まだ新しくできたばかりの私立高校が大学合格実績を積み重ね、人気校、難関校となることもあります。

また、他県から引っ越してきたため、その地域の受験事情が分からない場合などは
目安として、学校や塾で発表される「ランキング(難易度)表」に
偏差値や内申点の合格ライン等の最新情報が記載されておりますので参考になります。
ただし、学習塾によっては多少ランキングの違いがあるので注意しましょう。

合格実績は「国公立大学合格者」を見る

黒板
合格実績を見るときに注意したいのが、実数や内訳です。

私立大学は、1人の受験生が複数の大学や学部に
合格できるので、人数が多く感じられます。
国公立大学の合格者数をみることが重要です。
あわせて国公立・私立どちらとも
「難関大学の合格者数」が多いのか、
「地元の合格者数が多い」のかを見ておきましょう。

難関大学の合格実績が多い高校は、県外の難関大学を
積極的に受験する生徒が多いことを意味しています。
高校側も、それに応じた受験の指導を
行っていることが多いのです。

地元大学の合格者数が多い高校は、
県外の難関大学よりも地元の大学を受験する生徒が多く、
高校側も推薦入試を利用するなどして、
手堅く地元の大学の合格者実績をあげていることが多いのです。
お問い合わせはこちら
pagetop
お問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 幼児教室
  • 小学生コース
  • 中学生コース
コンテンツ
教室の様子
先生の紹介
合格実績
情熱のブログ
よくある質問
料金について
入塾までの流れ
今週の塾生レポート
教育コラム
イベント情報
広告紹介